2014年02月25日

北ドイツのアレコレ9 日本食

海外にいると

日本食が

恋しくなる。

という人もいるようで。

もしくは

ヘルシーな

イメージで

ダイエットフードとして

食べたい

という人もいるようで。

もちろん、単にスキ

という人も。

そんな中、

海外の日本食屋さんは

案外

韓国人

中国人

ベトナム人

フィリピン人

などなど

が働いている

なんてことも。

日本人による

日本食というと

かなり高級なイメージ。

というか、高級。

なにせ食品を

はるばる日本から

持ってくるため

食材が高くなる。

そんな時

現地調達できるもので

日本食

作ろう

というのが

『Japanese cooking 101』


ラーメンは

パスタに重曹いれて

中華麺もどきを

作ってみたり。
posted by sakura at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

北ドイツのアレコレ8 ウサギ

IMG_3216.JPG

ドイツでは、

ウサギを飼っている人が

多い、、

気がする。

そんなわけ(?)で

ドラッグストアなんかでも

比較的

簡単に

エサや藁なんかが

買えたりする。

そういえば、

オヤツも売っていた。
posted by sakura at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

磯井如真展@高松

高松市美術館にて開催中の『磯井如真展

没後50年を記念して

開催される。

全国でも珍しく

漆芸の学校がある香川。

その漆芸を

復興・

近代化

させた人。

というか、

その美を

ただ

堪能したい。
posted by sakura at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北ドイツのアレコレ7 花

今年は暖冬のドイツ。

雪もめっきり見かけない。

そんな中、市場や花屋では

色とりどりの

チューリップが

人々の目を和ませる。

暖かい場所や

温室で

育てられた

花たちは

北国

ドイツに来て

つぼみのまま

おうちで

飾られるのを

待っている。

が、

その値段。

10本4ユーロ。

どーんと(?)

30本の花束にしてもらっても

12ユーロ。

それでも、冬は

花が高いと言われる。

日本みたいに

きれいに

ラッピングは

されないけれど

花の

勢いに

魅了される。

それで

充分。
posted by sakura at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

真夜中のパン屋さん@大沼紀子

大沼紀子さんの著書真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ

パンは

誰にでも

平等で、

囲む食卓が

なくても

道端でも

1人でも

大勢でも

いつでも

さらりと

さっくりと

食べられる。

それは少し

悲しみを

含んでいて

それは

少し

願いを

含んでいて。

それでも

祈らずにはいられない

そんな日常。
posted by sakura at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

北ドイツのアレコレ6 2014春色

外には

「セール!!!!」

と書かれているものの、

冬のセールも一息ついた感じの

街中。

寒いけど

さくさくと

春物がお目見え。

寒いけど。

でも、お店の中は

あったかいわけで、、、

もちろんセール品ではない

春物。

つい、薄物の軽やかさに

誘われてしまう。

今着る服がいるのになぁ、と

ぼんやり思いながらも

手に取るのは

春。

恋しい、

春。

そして、目に付くのが

緑。

今年の春色みたいだ。

どのお店に行っても

緑。

薄緑が比較的多いような。

しかし、

あいかわらず

「緑」

何故、

こうぼんやりした緑

とか

ちょっと濁ったような緑

とか、

そういう不思議な色味は

なくて

なくて、

緑。

ぱっきり。

12色クレヨンだけで

事足りるような。

そんな色の世界。

なぜだろう。
posted by sakura at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

ウルフ オブ ウォールストリート@映画

映画ウルフ・オブ・ウォールストリート the wolf of wallstreet 

お金持ちの

考えって

よく分からない

けれど、

もし

自分にも

そういう機会が

あるのなら、

クレイジーな

人生に

なるのだろうか。

お金持ちって

たいへん。
posted by sakura at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。