2014年12月14日

新参者@東野圭吾

東野圭吾さんの著書『新参者

起こったことは

悲劇

だけれど

それでも、

人と

人が

思いと

思いが

繋がり

絡まる。

だから

人は

そこに

希望を

見出す。
posted by sakura at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

小さいおうち@中島京子

中島京子さんの著書『小さいおうち

「歴史」から

ちょっと

離れたところ。

でも、

それも

また

その時代。

その命。

その瞬間を

乗り越えて

もしくは

時に流されて



想う。

そこには

逡巡が

後悔が

憧れが

今でもなお

絡み合う。
ラベル:小説
posted by sakura at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。