2015年03月18日

初恋料理教室@藤野恵美

藤野恵美さんの著書『初恋料理教室』

ほっこりした

京おばんざいが

ていねいに

彼らの

生活と

あわせて

描かれる。

読んでるだけで

おいしそう。

最後に

レシピも

ついてるけど

作るかは

さておき

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

という

食べることに対する

姿勢に

文化に

敬意と

親しみを。
タグ:料理 小説
posted by sakura at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

ミニミニ大作戦@ムービー

映画『ミニミニ大作戦:The Italian Job』

昔の

映画の

リメイクだった。

と、言っても

元映画

みたこと

なくて、

まったく一緒

なのか

違うのか

分からないけど。

邦題

ちょっと。。。

と思ったよ。

中身は

がっつり

ミニが走り抜けていく

姿が

かっこかわいい。
posted by sakura at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒー・ブレイク11夜@阿刀田高

阿刀田高氏の著書『コーヒー・ブレイク11夜』

昭和のかほりが

する。

と、おもったら

1984年。

あたりまえか。

この珈琲、

甘いか

それとも

苦いか。
posted by sakura at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

LINDBERGH@Torben Kuhlmann

Torben Kuhlmann:トルベン クールマンの絵本
『LINDBERGH:リンドバーグ』

ものすごく

久しぶりに

手元におきたいと

思った

本は

絵本だった。

ドイツのハンブルクから

アメリカのニューヨークへと

旅立つ。

その小さな

パイロットの

お話。

人が

空を翔ることを

夢みて

ハネを

作った

その

情熱を

静かに

この小さき

体に込める。
タグ:絵本
posted by sakura at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

Fantasy Seller@新潮社ファンタジーセラー編集部編

宇月原晴明氏などの著書『Fantasy Seller:ファンタジーセラー

ベットに入る前に

ゆるりと

読むには

短編がいい。

どんなに面白くても

どんなに・・・なものでも

読み終えて

ベットに入ることが

できるから。

でも、やっぱり

好みの差が

はっきりと出るなぁ、

と思う。

特に

こういった

多数の作者が

書き連ねているモノは。
posted by sakura at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天北原野@三浦綾子

三浦綾子さんの著書『天北原野

前に「ちいさいおうち」を

読んだときにも

思ったのだけれど、

戦争という

歴史と

日常が

時折

かけ離れてみえる。

確かに

そのとき

あったものが

少しだけ

離れた位置に

いるだけで、

まったく

見えるものが

違う。

その違和感に、

戸惑うけれど、

それは、唯一の真実と

たくさんの事実の

重なり。

その一部が

いつも

「歴史」として

記されるのだろう。

posted by sakura at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。