2015年06月16日

とびきり陽気なヨーロッパ史@テランス・ディックス

テランス・ディックス氏の著書・竹内理訳『とびきり陽気なヨーロッパ史』

ざっくりとした

歴史を

ヨーロッパの国別に

解説。

といっても

全部じゃないけど。

戦争があり、

同盟があり

政治に

ふりまわされ

国民性に

そそのかされ

あるときは

大国に

あるときは

数多くの

国々に。

こういう本を

授業の合間に

見せたら

もっと

「歴史」

に興味が

もてたのに。

文字の羅列や

年号の丸暗記

とかではなくて。

「歴史」



だれかが

まとめた

人々の営みの

集合体。

時の勝利者と

呼ばれた

人たちが

紡いでいった

タペストリー。

時に

粗悪。

ときに

優美。
posted by sakura at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。