2015年06月10日

「きれい」への医学@海原純子

海原純子さんの著書『「きれい」への医学』

サブタイトルは

美人をつくるマインド・ダイエット

というとおり、

気持ちから

医学的観点を

通しての

健康美人を

目指す。

というもの。

とは

いっても

やっぱり

何かに偏ることなく

まんべんなく。

それが大事なのだと

思う。

きちんと

食事して

しっかり

動いて

頭を

時に働かせ

休息させ

つねに

前向きで。


毎日は

無理だけど。
posted by sakura at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば、夏の光よ@遠藤周作

遠藤周作氏の著書『さらば、夏の光よ』

優しさが

人を

まるで

真綿で締め付けられるように

窒息させる。

誰が

悪いとか

善悪の

問題ではなく

そこにあるのは

哀しいかな

優しさ。

けれど、そこにあるのは

そればかりではなくて

エゴ

愛情

憎しみ

嫌悪



そして

失われる命。

ラベル:小説 遠藤周作
posted by sakura at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

風はいずこより@三浦綾子

三浦綾子さんの『風はいずこより』

風が

どこから

きて

どこへ

いくのか

それを

知るものは

ない。

それでも、

人は

風を

感じ、

そして

視る。

ただ

それだけで

ありたいと

思う。
posted by sakura at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島学@岩本祥史

岩本祥史氏の著書『広島学』

広島の

地元愛を

まんべんなく

書いた

一冊。

著者は

広島県民では

ないけれど。

ハワイや

ブラジルへの

移民に

広島出身者が

多い。

その

意識が

広島という

地で生まれ

育ち

はぐくまれる

というのも

面白い。

正直、

野球に

興味が

なさすぎて

広島カープの

章を

読み飛ばしそうに

なったけれども。

きっと

この章

とっても

大事なトコロ

なのだと、

思う。
posted by sakura at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レゴ@映画

映画『レゴ( The Lego Movie)

全部、レゴで作ってある。

水や炎さえも。

それは

子どもの

情熱が

大人になっても

その

情熱が

失われることなく

そこに。

あなどりがたし、

玩具。
ラベル:レゴ
posted by sakura at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

初恋料理教室@藤野恵美

藤野恵美さんの著書『初恋料理教室』

ほっこりした

京おばんざいが

ていねいに

彼らの

生活と

あわせて

描かれる。

読んでるだけで

おいしそう。

最後に

レシピも

ついてるけど

作るかは

さておき

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

という

食べることに対する

姿勢に

文化に

敬意と

親しみを。
ラベル:料理 小説
posted by sakura at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

ミニミニ大作戦@ムービー

映画『ミニミニ大作戦:The Italian Job』

昔の

映画の

リメイクだった。

と、言っても

元映画

みたこと

なくて、

まったく一緒

なのか

違うのか

分からないけど。

邦題

ちょっと。。。

と思ったよ。

中身は

がっつり

ミニが走り抜けていく

姿が

かっこかわいい。
posted by sakura at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒー・ブレイク11夜@阿刀田高

阿刀田高氏の著書『コーヒー・ブレイク11夜』

昭和のかほりが

する。

と、おもったら

1984年。

あたりまえか。

この珈琲、

甘いか

それとも

苦いか。
posted by sakura at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

LINDBERGH@Torben Kuhlmann

Torben Kuhlmann:トルベン クールマンの絵本
『LINDBERGH:リンドバーグ』

ものすごく

久しぶりに

手元におきたいと

思った

本は

絵本だった。

ドイツのハンブルクから

アメリカのニューヨークへと

旅立つ。

その小さな

パイロットの

お話。

人が

空を翔ることを

夢みて

ハネを

作った

その

情熱を

静かに

この小さき

体に込める。
ラベル:絵本
posted by sakura at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。